リースについてQ&A 大阪防犯カメラセンター

大阪防犯カメラセンター 防犯カメラのお問い合わせ
大阪防犯カメラセンターについて
Home防犯カメラをリースで導入 ▸ リースについてQ&A

リースについてQ&A

リース契約、レンタル契約、クレジット契約の内容比較です。それぞれの特徴がありますので、一度ご確認ください。レンタル契約についてはこちら

Q1:どのようなものがリースの対象になりますか?
A:

OA機器や生産設備、また航空機に至るまで対象となる物件は極めて多岐にわたっており、ほとんどの動産が対象となります。また物件の仕様などは、すべてお客様ご選択により決定されますので、購入する場合と同様に物件を選ぶ事ができます。

Q2:リース期間はどのように決まるのですか?
A:

リース期間はお客様の希望によって、通常3~7年の間で決められます。しかし、リース物件の法廷耐用年数により、税務上の適正リース期間が定められています。

Q3:リース料はどのように算出されるのですか?
A:

リース料は、物件価格、固定資産税、保険料、金利などから構成され、その総額をリース期間中に亘って均等月払いにてお支払いいただくよう算出されています。なお、月額リース料は、リース料率で表示することもあります。たとえば、リース料率2.5%とは、物件価格1000万円につき月額リース料が25万円ということになります。

Q4:アフターサービスは受けられますか?
A:

リースの場合でも、購入した場合と同じように、弊社のアフターサービスが受けれます。保守契約はリース会社ではなく弊社が直接行います。

Q5:保険や税金はどうなるのですか?
A:

リース物件には通常、リース会社が保険会社と契約を結び、動産総合保険を付保します。また、固定資産税についても、申告から納付まで、すべての手続きをリース会社が行います。

Q7:期間満了後も物件を使用できますか?
A:

リース期間満了時には、物件をリース会社に返却するか、そのまま継続して使用する(再リース)か、いずれかを自由に選択する事ができます。

Q8:中途解約はできるのですか?
A:

リース契約においては、リース期間の満了まで解約はできません。しかし、どうしても解約しなければならない場合は、物件をリース会社に返却していただき、規定の損害金(解約金)をお支払いいただきます。

Q9:リースは誰でも利用できますか?
A:

リースは法人(企業)または個人事業主の方に限ります。個人の方はクレジット(ローン)でのご利用は可能です。

リースについて
動産総合保険について
防犯カメラをリース契約で設置する

防犯カメラの設置について各法人・事業主様にはリース契約での防犯カメラシステム設置がおすすめです。分譲・賃貸各マンションや集合住宅自治会もご利用いただけます。

防犯カメラシステムをリース契約で設置
防犯カメラ設置までの流れ

実際に防犯カメラを設置するまで、どのような経緯で設置工事・運用まで行うか、一連の流れをご説明いたします。

防犯カメラ設置までの流れ
防犯カメラの無料見積・お問い合わせ

大阪・兵庫(神戸)・京都での防犯カメラ・監視カメラ・各種防犯設備の設置工事・無料見積りは大阪防犯カメラセンターにお任せください。
大阪以外の近畿エリアも対応しています。お問い合わせは「お問い合わせフォーム」もしくは「お電話」でご連絡ください。

お問合せフォームはこちら

お問合せフォーム
防犯カメラの工事保守について
防犯カメラの設置場所
防犯カメラの選び方
防犯カメラセンターについて
防犯カメラ以外の業務
離れた場所で防犯カメラの映像確認 防犯カメラの遠隔監視
防犯カメラをリース契約で設置する場合のご案内 防犯カメラはリースで取付
防犯カメラの設置事例をご紹介 防犯カメラ取付工事 防犯カメラ設置工事
防犯カメラの設置について 大阪で防犯カメラを設置するなら
ワイヤレスセキュリティシステムについて
防犯カメラ・監視カメラを短期で設置 防犯カメラレンタルサービス
大阪のマンションの防犯カメラ・防犯対策
新築・リフォーム時の防犯対策強化に防犯カメラの設置・防犯カメラの取付 建築・建設現場での安全管理・事故防止に防犯カメラ・監視カメラの設置・防犯カメラの取付 工場・倉庫の安全管理や事故防止対策に利用する防犯カメラ・監視カメラ 作業管理におすすめ 不法投棄監視に防犯カメラ 屋外の防犯カメラシステム マンション・集合住宅の防犯対策 不審者への威嚇と不正利用や利用マナーの問題を防犯カメラで監視 防犯カメラ・監視カメラで店舗従業員の不正やSNS不適切動画対策 ペットの安全管理に利用する防犯カメラの設置 防犯カメラの映像を離れた場所で確認 防犯や管理に最適 防犯カメラの遠隔監視システム
^