防犯カメラで民泊での防犯対策 大阪防犯カメラセンター

大阪防犯カメラセンターお問い合わせ
防犯カメラを環境から選ぶ
Home環境から選ぶマンションの防犯カメラ ▸ 防犯カメラで民泊での防犯対策

防犯カメラで民泊での防犯対策

防犯カメラで民泊での防犯対策1

「民泊」は、以前は農村・漁村の民家に宿泊・滞在することを意味していましたが、現在では不動産業者様が空き部屋を利用したりマンションの一室を個人が部屋の貸し借りを行ったり、様々な民泊としての商売が行われています。東京オリンピック開催や、観光客が増加し続ける近畿地方など日本全域で「民泊」と言われる産業が急成長しています。
しかし、成長期の産業は法整備もままならず犯罪も多く蔓延ります。実際に民泊を事業として行っている企業やオーナー様からは、利用者のトラブルやマナー違反の抑制などで防犯カメラ設置も多くのお問合せをいただいております。また、その裏で許認可を得ていない違法な民泊の対策に防犯カメラ設置を検討されるマンションも増加しています。どちらも犯罪やトラブルの原因になりかねないため防犯対策が必要不可欠です。
※民泊を行う場合、「住宅宿泊事業法」「旅館業法簡易宿所」「特区民泊」など許可・申請・届出などが必要となります。

防犯カメラで民泊での防犯対策2

起こりうる民泊のトラブル

  • 他者のなりすまし、人数の増加などルールを守らない宿泊客が多くトラブルの原因になります。特に海外の旅行者など日本の当たり前とされたルールは通用しない場合も多いので、慣れた宿泊施設ではない民泊業者やオーナー様は万全の注意が必要になります。

  • 防犯カメラで民泊での防犯対策3
  • 深夜に騒ぐ、ゴミの不法投棄、器物の破損などマンションや地域のルールを守らない客などトラブルや事件を招くことも多々ある為、しっかりとした説明やカメラを設置し、記録をしている旨も伝えることが効果的です。

  • 防犯カメラで民泊での防犯対策4
  • イベント事にも利用が増えるためテロ対策なども必要になる時代です外国人による犯罪にも巻き込まれる恐れが十分にあります。マンションなどで利用する際は、十分な対策や徹底した管理が必要となりますので、防犯カメラの監視・記録は重要です。

  • 防犯カメラで民泊での防犯対策5

ヤミ民泊・違法民泊対策の防犯カメラ

防犯カメラで民泊での防犯対策6

マンションのオーナー様や管理会社様よりお問合せいただくことが増えた、許可していない民泊の対策に防犯カメラがおすすめです。マンションのエントランスやエレベーターにカメラを設置し、不正利用を監視することをお勧めします。マンションによっては各フロアにもカメラを設置している物件も増えています。建物の構造や入居者によっても考慮する部分もございますのでご相談などお気軽にお問い合わせください。上記で記載している通り、民泊によって発生するトラブルには十分に対策が必要となりますので、許可をしていないマンションでは安全管理の徹底など必要不可欠です。

今後増加する民泊の防犯対策・防犯カメラ

防犯カメラで民泊での防犯対策7

空き家対策や観光収入拡大にも大きく貢献でき、今後も民泊事業は増加傾向にありますが、しっかりとした安全対策を行わなければ犯罪や事件も発生いたします。最近では兵庫県三田市内で暮らす会社員の女性の殺人事件も大阪でヤミ民泊を行っていた建物で遺体が発見されるなど、民泊施設が事件にかかわるケースも増えることを見込まれます。まだまだ安全な国であると称される日本も治安の基準からまた一歩慎重に安全対策・防犯対策を考慮することが必要です。
弊社では、防犯カメラを通じて、利用者・入居者の安全対策、地域防犯の貢献に関わる防犯対策をご提案いたします。

防犯カメラの無料見積・お問い合わせ

防犯カメラ・監視カメラ・各種防犯設備の無料見積り、お問い合わせは「お問い合わせフォーム」もしくは「お電話」でご連絡ください。

お問合せフォームはこちら

お問合せフォーム
設置工事保守について
防犯カメラの設置場所
防犯カメラの選び方
防犯カメラセンターについて
防犯カメラ以外の業務
防犯カメラの遠隔監視
^